WordPress 2.5.1 へバージョンアップ

WPcampcena logo #2
Creative Commons License photo credit: EMMEALCUBO
旅行に行っている間にWordPress Ver.2.5.1 がリリースされ、さらに日本語版もリリースされてました。
いつもながら、リリースに関わる数々の方々、お疲れさまです。ありがとうございます。

今回は、フルの日本語版をダウンロードし、丸ごと上書きでいきました。
上書き後に /wp-admin/upgrade.php にブラウザからアクセスして、アップグレードのリンクをクリックすれば完了。
相変わらずラクチン。

ダウンロードは以下。
WordPress | 日本語 » WordPress 2.5.1 日本語版リリースのお知らせ

変更点などは以下。
WordPress | 日本語 » WordPress 2.5.1

WordPress 2.5.1 が利用できるようになりました。たくさんのバグフィックス、パフォーマンスの向上、一つのとても重要なセキュリティフィックスを含んでいます。全員の方に、とくにブログのユーザ登録を許可している場合に、迅速なアップデートをおすすめします。脆弱性は現在未公開ですが、まもなく公になるでしょう。

ということで、重大なセキュリティフィックスを含むリリースなので、皆様速やかにバージョンアップしましょう。

WordPressをクラックされてしまったニュースとして、
MOONGIFT: » [重要なお知らせ] MOONGIFTがクラッキングされました:オープンソースを毎日紹介
が。
こちらはプラグインに存在していたSQLインジェクションを突かれたっぽいです。
確かにWordPress本体に問題がなくても、プラグインが安全か否かは完全に別問題ですからね。
とはいえ、さすがに素の状態のWordPressでは使えないし、、
実績のある、利用者の多そうなものを選択して、後は自己責任で、しかないんでしょうかね。

投稿者:

kuni

サイトの管理人です

「WordPress 2.5.1 へバージョンアップ」への2件のフィードバック

  1. アップデートできるかどうか、不安だったのですが、このblogを読んで安心して実行できました。ただし、update.phpと書くべきところを、upgrade.phpと書いてあったので、最初そこにアクセスし、ブラウザにnot foundと表示されたときは、一瞬焦りましたが。

  2. うまくバージョンアップできたようで良かったですね。

    しかし、update.phpでは無くて、upgrade.phpで合ってますよ。。。
    アーカイブを展開した中の readme.html にも、

    1. 変更したファイルを保存し、古い WP ファイルを削除します。
    2. 新しいファイルをアップロードします。
    3. ブラウザで /wp-admin/upgrade.phpにアクセスします。
    4. もっと何かしたかったですか ? これだけです !

    とあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。