トリニトロン生産終了


Creative Commons License photo credit: Marcin Wichary

ソニー、トリニトロン生産を3月末で終了だそうだ。

ソニーでは、今後、液晶や有機ELを中心にディスプレイデバイスを手掛けていく方針。「2007年度の液晶テレビ出荷見込みが約1,000万台で、CRTのピークに迫っている。薄型への完全移行の時期としてはいいタイミングではないか」としている。

とのこと。時代ですな。

学生の頃、バイトで貯めたお金で最初に買ったPC用のモニタがSONYの17インチのトリニトロンのCRTだった。
同じくバイト代で最初に買ったテレビもSONYのトリニトロンだった。何を血迷ったのか16インチくらいのワイドテレビだった。
どっちも学生には割高な製品ではあったけど、SONY製品の何ともいえない魅力に負けて買ってしまった。
1年近くテレビが無かったから、バイト代でテレビ買ったときは嬉しかったなあ。

これから育つ子供たちはブラウン管なんて知らない世代になるのかぁ。
あのでかくて重いブラウン管を知ってないと、液晶や有機ELのモニタが薄い薄い言われてもピンと来ないんだろうな。。

トリニトロン – Wikipedia

投稿者:

kuni

サイトの管理人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。