(読書) レベル7

タイトル: レベル7
著者: 宮部みゆき
読書期間: 2008年11月21日〜11月26日 (5日間ほど)

嫁に、宮部みゆきは「模倣犯」なら知ってるんだけど、映画しか見たことなくてラストで中居君の頭がボーンだよね、的な話をしたら薦められた一冊。ちなみに模倣犯も原作は映画の何倍も面白いそう。

唐突な序盤に戸惑いながらも読み進めると、完全に別々かと思われた二つの話が交わりもせずに展開していく。
それが後半交錯しながらパズルのピースがはまっていくように組み上がっていくストーリーにぐいぐいと引き込まれてしまった。
665ページとなかなかのボリュームだったけど、途中でだれること無く楽しめた。

ちょうど3連休は嫁の実家に帰って、里帰り出産のために実家近くの病院で待つ時間があったので、飽きずに待てて良かった。ついでにお腹の子も順調に育っているようで一安心。

さーて、次は何を読もうか。

[amazon]4101369127[/amazon]

投稿者:

kuni

サイトの管理人です

「(読書) レベル7」への4件のフィードバック

  1. かなり昔読んだので記憶がおぼろげだが、前半に比べて後半がいまいちだったような…

  2. 確かにそうかもね。
    しかし、不思議感は楽しめたよ。
    つか、読んだことあるんだね。

    で、なんでフランスなんだよ!

  3. メジャーどころはたいてい読んでるぞ。

    1週間ほど休みが取れたので、パリでぷらぷらしてました。

  4. ほえー、なんかオススメあったら教えてちょうだい。
    あと、なんだパリって、セレブか。パリまで行って場末のブログにコメントって嫌がらせですか。円高還元ですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。