phpMyAdmin 初期設定メモ

このblogもWordpressで運用しているので、たまにデータのメンテナンスでphpMyAdminを使うことがある。
Ubuntuなので、基本はaptitudeで簡単インストールなのだが、その後若干の設定変更が必要なので、その部分のメモ。
Ubuntu 10.04 LTS のphpMyAdmin 3.3.2deb1 想定。

まず、インストールが終わってログインすると、

リンクテーブルを処理するための追加機能が無効になっています。理由についてはこちらをご覧ください

というアラートが表示されている。
これを解消するための設定。

管理用テーブル(phpmyadmin)の作成

  1. zcat /usr/share/doc/phpmyadmin/examples/create_tables.sql.gz > /tmp/create_tables.sql
  2. mysql -u [mysql管理者ID] -p < /tmp/create_tables.sql
  3. rm /tmp/create_tables.sql

/etc/phpmyadmin/config-db.php 編集
$dbname=”; を $dbname=’phpmyadmin’; に変更
※それ以外の箇所はデフォルトのままで問題ないはず。

/etc/phpmyadmin/config.inc.php 編集
$cfg[‘Servers’][$i][‘designer_coords’] = ‘pma_designer_coords’; の下に
$cfg[‘Servers’][$i][‘tracking’] = ‘pma_tracking’; を追記(なんでこれ書かれてないんだろ)

これでphpMyAdminをログアウトしてからログインしなおせばアラートが消えて、追加機能が有効になる。
例えば追加される「デザイナ」タブでは、テーブルのリレーションがグラフィカルに設定できるようになったりする模様。

Zoneedit.comで動的IPアドレスによる独自ドメイン運用 (ddclient利用)

先日ドメイン(kuniharumaki.com)を取得した。
今利用中のkuniharumaki.comドメインから移行するにあたって、まずはDynamic DNSとして利用できるDNSサービスを選定。
SPF設定のためにTXTレコードが編集できるところで、かつ無料のところを探してみたところ、有名そうなところではZoneEdit.comが良さそうだったので、とりあえずここに。

IPアドレスの通知は特定ページにアクセスすれば出来るようだが、Ubuntuにはddclientという便利なパッケージがあるので、それを使うことにする。
以下は覚え書き。
続きを読む Zoneedit.comで動的IPアドレスによる独自ドメイン運用 (ddclient利用)

ClamAVでのOUTDATEDワーニング解消 (Ubuntu 10.04LTS)

UbuntuのClamAVはデフォルト状態で1時間ごとにfreshclamがパターンファイルを更新してくれるが、そのログファイル(/var/log/clamav/freshclam.log)にWARNINGが出ていた。

WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.96 Recommended version: 0.96.1
DON’T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq

10.04LTSでインストールされるバージョンは0.96なんだが、もう古くなってるよ! すでに0.96.1がリリースされているよ! ということらしい。
パニクらずにそこのURLを読めと言われたので読んでみたけどよく分からん。
ってことで探してたら普通にUbuntuのヘルプページに解説があった。
ClamAV – Community Ubuntu Documentation

ちゃんと読んでないけど、恐らく標準のリポジトリのものはバージョンアップしないから、PPAのを使ってねということのようだ。
というわけで、以下手順の覚え書き。(コンソールの応答は冗長なので必要に応じて省略)
面倒なので作業はrootでやっているため、Ubuntuのお作法に従いたい人は頭にsudoを付けて実行してください。

続きを読む ClamAVでのOUTDATEDワーニング解消 (Ubuntu 10.04LTS)

サーバ移行とりあえず一段落かな

ざっくりと移行完了。まだ色々と設定が甘いところもあるけど、とりあえず動いてるかな。
8.04LTSから10.04LTSへの乗り換え。サーバもIBMのPCからhpの激安サーバML115 G5(\9,800)に変更。

恐らくPHPが5.2から5.3になった関係で、WARNINGが出まくったので、急遽Wordpressのバージョンを2.7系から最新の2.9.2にバージョンアップして、プラグインも最新化した。

後は少しずついじっていくかな。

ML115 G5 クセがあるな。。。 (04.28 追記)

2010-04-28

えーと、インストール時にnVidia RAIDが発見されてしまう問題は、BIOSでRAIDをenableにして、  RAIDを構成した上で、その構成を削除せずにdisableにしたときに、Disk上に情報が残っているらしくて、インストーラーが発見してしまうことが判明。

再度enableにしてRAIDを削除してからdisableにしたら、nVidia RAIDは発見されなかったとさ。

ちなみに、Ubuntu 10.04 最終RCでnVidia RAIDを試してみたけど、やっぱりインストーラーがコケるので、使用しないことで決定。

一応ALT+F2で直接コマンドラインから /dev/mapper/ 配下にあるデバイス名を強制的に名前変更してあげればインストールは通るけど、そこまでしたくないしね。。


ML115 G5を在庫処分価格(9,800@ビックカメラ)で購入して、1TBのSATA HDDを2個と1GBのnon-ECC1GBメモリを追加してから、はや1週間が経過。

本格稼働は今月末にUbuntu 10.04LTSがリリースされるので、それをクリーンインストールしてから、と思っているので、それまではUbuntu Server 9.10で色々と事前準備をしているのだが、どうもしっくりこないことがある。

オンボードRAIDはnVidia RAIDとかいう、パチモンRAIDで、純粋なハードウェアRAIDではなく、なんとなくRAIDっぽく見えるけど、管理はOSまかせ、みたいな中途半端なやつで、FakeRAIDとも言うらしい。
Ubuntuでも、Server版かAlternative版を使えば、インストール時に認識するので、nVidia RAIDも扱えなくはないが、ユーティリティが提供されていないので、RAIDがdegradeしたときに、OS上から復旧できるか怪しい。検索してみても出てくる情報はWindowsばっかりで参考にならない。
というわけで、そんなおっかないRAIDは使わないよってことで、BIOSでOFFにして、普通にsda, sdbをLinuxのSoftware RAIDで扱おうと思い、いろいろと試してたんだけど、困ったことにBIOSでOFFにしていても、nVidia RAIDはLinuxからは見えてしまう。
ので、見えないようにブートオプションに nodmraid を書いている (←いまここ

これ、nodmraidを書いておけば、OSから認識されなくなるんだけど、もしkernel更新したタイミングとかで勝手にnodmraidが外れちゃったら困ったことになる。

nodmraidを外して起動すると、nVidia RAIDが見える。(/dev/mapper/nvidia_* がなぜか居る!)
/dev/sda[1-9] がどっかに行っちゃって、sda,sdbだけになる。(帰っておいで。。。)

こんな状態になって、一応起動するものの、RAIDのarrayに関する操作はたぶん出来なくなっちゃう。
もう一度 nodmraidを付けて起動すると、degrade状態で起動(sda,sdbのarrayがどっちか無い)
まあ、mdadm -add /dev/md0 /dev/sda1 とかしてあげれば、arrayのメンバにもう一度追加されて、リビルドはされるので、最悪の事態は回避できるものの、なんか気持ち悪い。

うーん、結局のところ、

  • オンボードのnVidia RAIDはおっかないから使わない
  • nodmraidオプションが消えないように頑張る

という運用しかないかな。サーバとは言え、さすが安いだけあって、やっぱイマイチ君だなぁ。。