WordPress 4.0 に更新

WordPressを3.9から4.0にバージョンアップした。

Ver.2の頃からずっと上書き上書きで来ていたけど、メジャーバージョンアップに伴って、引きずってきたPluginをいったん全部消して、無駄に容量の大きくなっていたアクセス解析系のテーブルを削除した。
DBの容量が500MB近くなっていたけど、今は100MB以下、スッキリ。

久しぶりにAll in One SEO入れてびっくり。Sitemap XMLまで書き出せるようになっていて、これひとつでSEO系は事足りる事になってた。さすがAll in One。

これから面白そうなPluginとテーマを探す。
久しぶりに触ってみたけど楽しい。

テーマ変更

デフォルトのテーマがかっこ悪すぎて使ってなかったんだけど、最近(?)追加されたTwenty Elevenにしてみたら、シンプルでなかなか良さげ。

サイドバーに出していたウィジェットも思い切って削ってみた。

TwitterやらFacebookやらに書くようになってからほとんどブログを書かなくなったし、どっかのタイミングで中身だけwordpress.comとかに移行して終わりにするでもいいかもなぁ。

WP Social Bookmarking Light 便利すぎる

Google +1ボタンを設置しようと思って、専用のプラグインを探していたら、もっと汎用的にソーシャル的ないろいろに投稿するためのボタンが設置できるプラグインがあったので、それを利用。

WP Social Bookmarking Light

とにかくダウンロードして、設定画面で表示させたいボタンをdrag & dropで選択していくだけ。
さらに有効にしたボタンに追加設定情報がある場合は、タブが追加されるのでそこで設定するだけ。

もうテーマファイルを直接編集する必要はほぼ無いなぁ。

WordPress 3.2.1 に更新

WordPress 3.2.1 日本語版がリリースされていたので更新。

いつも通り自動更新機能でサクっと更新した後で、日本語版のページにあるとおり、ダッシュボードからWP Multibyte Patch プラグインの更新を実行。
続いて、Akismet プラグインを ダウンロードして、プラグインディレクトリ以下のファイルを上書き。

いつものことながら楽勝過ぎる。

下記の通りアップデートポリシーが変更になってるので、次回以降も更新内容を確認してから自動更新を実行する。

アップグレードに際して重要なお知らせ:
WordPress 3.2のリリースのときに、3.2 以降の初めてアップデートでは、WordPress のすべてのファイルではなく、新しいリリースで変更されたファイルだけがアップデートされるとお伝えしましたが、3.2以降ダッシュボードから WordPress 本体をアップグレードした場合に、本体とセットで配布されているテーマやプラグインはアップグレードされないようになりました。

TwentyEleven や Akismet といった本体とセットで配布されているテーマやプラグインをアップグレードするためには、テーマやプラグインの更新通知を頼りに個別にアップグレードをする必要があります。一方で、このアップグレードを行った場合、インストールされていたテーマやプラグインを日本語表示にしていた日本語リソースや日本語版のファイルは削除されてしまいます。

WordPress 3.2.1 日本語版