Windows XP SP3 インストール

マイクロソフトがWindows XP SP3を提供開始、Windows Updateでダウンロード可能に – GIGAZINEってことで、延期されていたSP3がWindows Updateで適用できるようになったみたいなので、早速インストール。

おかしくなってもあんまり痛くないサブのノートPCへのインストールなので、バックアップも取らず、いきなりWindows Update実行。

一昔前のノートは遅い。。。ひたすら待つこと1時間弱。
再起動を促されるので、そのまま再起動。

もともと遅いので10%のパフォーマンス向上は体感できないものの、動作自体は問題無さそう。
またまた延命されたXP。
VistaはMeの次に可哀相な子になってしまいそうだ。。

Windows Ultimate Extras が追加されたので入れてみた

Windows Vista Ultimate Editionユーザなので、一応出ているものは入れようということで。

Windows Ultimate Extrasが追加されてる。
“Windows DreamScene コンテンツ パック #3” と “Windows サウンド設定” にチェック。
未インストールだった “Silverlight” と “更新プログラム” も一応チェック。
得体の知れない “BitLocker と EFS 拡張機能” はいまだ未インストール。。

覚悟を決めてインストールボタンをポチッ。

続きを読む Windows Ultimate Extras が追加されたので入れてみた

Windows Vista 大規模アップデート即行インストール

スラッシュドット ジャパン | Windows Vistaの大規模アップデート、公開されるで知って、さらにMicrosoft、Windows Vistaの大規模なアップデートを公開を読んで、即効インストールを決めた。

決め手となったのは性能と信頼性を改善するアップデート(KB938979)に含まれる、

・スクリーンセーバーの「写真」から復帰するのに長い遅延が発生する
・スクリーンセーバーの「Windowsエナジー」を使うとメモリリークが発生する
・ユーザーアカウント制御(UAC)が無効になっていると、ネットワークプリンタが正常にインストールできない(ネットワークプリンタがWindows XP/Server 2003ホストに接続されている時に発生)
・AVIStreamWrite機能を使ってAVIファイルにデータを書き込むと、AVIファイルのヘッダが破壊される
・大きなサイズのファイルをコピー/移動すると、残り時間の計算に長い時間がかかり、実際より長い時間が表示される
・PCを休止状態から復帰させてからログオン画面を表示するまでに長い時間がかかる
・オフラインファイルをサーバーに同期させると、オフラインファイルが破壊される
・RAW形式の画像を編集すると画像が破壊される(キヤノンEOS 1D/1DS利用時に発生)
・PCを休止状態から復帰させると、PCがデフォルトゲートウェイのアドレスを忘れる
・貧弱なメモリ管理性能

のうちの、“スクリーンセーバーの「写真」から復帰するのに長い遅延が発生する”だ!
渋く標準で入っているスクリーンセーバーを使っていたのだが、本当に復帰が遅くて、半分慣れてきたところだった。
インストールして早速試してみたが、きちんと直ってる。しょぼい不具合含んだままリリース・・・。
/.Jでも言われていたが、なんか「基本じゃね?」的なところの修正が多くて、ちょっとうーん。。。
一応両方インストールして使ってみているが、今のところは問題無さそう。
パフォーマンスが大幅に改善したっぽいコメントも見受けられるが、PCのスペックがイマイチな環境でなければ体感は出来ないっぽい。
当然のことながら、問題なく使えている人はService Packを待ったほうが良いと思います。ハイ。

それよりも気になるのがVistaが直接関係あるのか不明だけど、OSが突如フリーズして、その後ICH8Rの機能で組んでるRAID1が良くリビルドがかかる。
RAID1だからデータが飛んでるとかはないけど、フリーズするってどういうことだ。。。ドライバの出来なのか、はたまたドライブとの相性なのか、そもそもICH8Rがイケてないのか、ASUSの罠か、謎だ。
そんな現象も解消すると良いな!(たぶん関係ない