2011年3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:817ページ

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
死ぬ前に千葉さんに出会えたら「可」でもいいかな。相変わらず非日常的なものを自然に描写する作者。震災では無事とのことで安心。今後も良い作品を書き続けて欲しい。
読了日:03月29日 著者:伊坂 幸太郎
死体は語る (文春文庫)死体は語る (文春文庫)
表紙やタイトルのイメージとはかなり違い、著者の監察医としての真摯な姿勢がひしひしと伝わってくる良著。監察医制度自体未知の世界だったけど、死後なお人権を尊び守ろうとする本制度に感動。もっと広く知られるべきだと思う。
読了日:03月25日 著者:上野 正彦
架空通貨 (講談社文庫)架空通貨 (講談社文庫)
デキる主人公にデキる登場人物たち。設定はやや無理がある気もするけど、内容はとても良いと思う。長編だったけど、ぐいぐいと惹き込まれてラストまで一気読みだった。
読了日:03月03日 著者:池井戸 潤

読書メーター