2010年8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2060ページ

マンガ多め。ハガレンもいよいよ次で終わりかぁ。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
あんまり深く考えずに気軽に読める作品。でも、他の作品のほうが深みがあって面白かったかも。
読了日:08月27日 著者:伊坂 幸太郎
わたしは悪い不動産屋—夢を見ている客を騙せなければ、一人前ではない (王様文庫)わたしは悪い不動産屋—夢を見ている客を騙せなければ、一人前ではない (王様文庫)
ページ数も少なく、内容も薄いのでサクっと読める。ただ、いかんせん内容が薄く、注意喚起位にしかならないかな。具体的なHow Toは殆どなし。不動産関連の本は状況も相当変わってるから、新しい本を買うべきだね。
読了日:08月17日 著者:大倉 辰吾
鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
あぁ、いよいよ終わっちゃう。盛り上がりも最高潮。登場人物みんながかっこいい。
読了日:08月12日 著者:荒川 弘
手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
人気作家だし、どうもチャラい印象があったのだが(失礼)、この作品はとても重く、考えさせられた。加害者の家族、被害者の遺族、ともに一生傷跡が残る犯罪。それとどう向き合うのか、重いテーマを切々と描いている。社長がとても親身になってくれていたが、彼の過去に何かあったのか、と気になってしまった。これは家族にも読ませたいな。
読了日:08月11日 著者:東野 圭吾
BILLY BAT(4) (モーニング KC)BILLY BAT(4) (モーニング KC)
そろそろ一旦最初から読み返す必要が出てきた感じ。面白くなってきた。
読了日:08月06日 著者:浦沢 直樹,長崎 尚志
ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
急展開。せっかく救出したのにエース。。。白ひげも。。。ここから大きく展開がありそう。
読了日:08月05日 著者:尾田 栄一郎
球形の季節 (新潮文庫)球形の季節 (新潮文庫)
登場する学校、人物が多すぎて、さらにその人間関係が複雑で、、、正直なところ最後まで誰にも感情移入できなかった。(というか誰が誰だが、最後まではっきりせず)マンガの七夕の国みたいなのを想像しながら読んでみたけど、そこまでぶっ飛んでもないし、残念ながら面白くなかった。。。
読了日:08月04日 著者:恩田 陸

読書メーター