容疑者Xの献身を観てきた

一応ドラマを全部観ていたので、映画の容疑者Xの献身も観てきた。
新宿ピカデリーで事前予約をしていったんだけど、公開から少し時間も経っている割にはほぼ満席状態で、なかなかの人気っぷり。

最後の最後まで結構意外な展開で飽きさせない感じ。
ドラマを見た人なら楽しめる内容になっていたと思う。

ただ、このシリーズの売り(?)である、湯川センセ(福山)がひらめいた瞬間、場所関係なくいきなり数式をだーっと書くシーンは今回はなぜか無し。ちょっと残念でした。

スカイ・クロラ観てきた

昨日は新宿バルト9でスカイ・クロラ The Sky Crawlersを観てきた。
空中戦を中心とした圧倒的に綺麗な映像と、多くを語らないストーリー展開で、大人向けのアニメだったと思う。
攻殻機動隊とはまた違った展開でなかなか面白い。ただ、説明不足感は否めないので、そういうのが苦手な人はちょっと辛いかも。

自分的には激しい戦争を繰り返している現実と裏腹に、常にある虚無感のようなものが上手く表現されていて良かったと思う。もう一度攻殻機動隊とイノセンスを観たくなった。

夏休みらしく、たぶんポニョ、ポケモン、アンパンマンあたりを観に来たであろう親子が多かったけど、さすがにこの映画は大人しか居なくて静かで良かった。

夜は友人と映画館の近くの焼肉屋でたらふく食べて帰ってきた。

ポーニョポニョ

オープンしたばかりの新宿ピカデリー崖の上のポニョを観てきた。

戦争とか自然破壊といった重いテーマが(たぶん)盛り込まれてなくて、登場人物も少なく気軽に楽しめる映画だと思う。
絵が色鉛筆で書いたようなタッチで温かみがあって、ちょっと新鮮だった。

映画館はさすがに新しく綺麗。オープンしたばかりだし、夏休みだし、オープニングキャンペーンで1,000円だったのもあってか混んでいた。
すぐ近くに新宿バルト9があるけど、これからどう使い分けようかな。ピカデリーはオンライン予約分についても、発券機にカードを通すとポイントがついて、6回観ると1回無料になるシステムになっている分、お得感は高いかも。バルト9の頑張りに期待。

アフタースクール観てきた

いつも使っている新宿バルト9でやってなかったので、新宿ジョイシネマで観てきた。
久しぶりの歌舞伎町。でも、あんまり変わってなかったかな。

映画は佐々木蔵之介の演技が光ってたかなあ。
相変わらず大泉洋は面白い。

ストーリーは途中からの展開から「あー、そうなってるのかぁ。」と分かってくるにつれニヤニヤしてしまった。
もう一回観たいかも。

そういえば、新宿三丁目駅の副都心線に行く途中の通路とかは相当変わってた。
新宿ピカデリーが何やら新しくなっているし、サザンテラスの方もまだ工事やってるし、新宿もまだまだ発展するようですな。

ザ・マジックアワー観てきた


本日公開の映画「ザ・マジックアワー」を早速観てきた。

最初の頃はそんなに盛り上がるところが無くて不安だったけど、佐藤浩一がボスに会うあたりからはかなり笑えた。
佐藤浩市が、役者の役なんだが、クサくて濃い演技が面白すぎる!

三谷幸喜さんの脚本・監督作品を観るのは、「THE 有頂天ホテル」に続いて2作目。「ラヂオの時間」と「みんなのいえ」も観てみたくなった。今度DVD借りてこよっと。

劇場は今回もいろいろと問題のある新宿バルト9だったけど、10:30からという早い時間からだったので、すんなりと入れた。
その回は結構空席も目立ったけど、その後とかは混んでたんだろうなあ。

今THE 有頂天ホテルをTVでやっているので見ているけど、結構役者が被ってるけど配役が全然違っていて面白い。

新宿バルト9の問題点

2008年4月30日のヘッドラインニュース – GIGAZINEを経由して、シネマコンプレックス「新宿バルト9」の驚嘆すべき大バカ最低システム – 檜山正幸のキマイラ飼育記を拝見しました。

近所でよく利用する映画館の話題だったので。

実はこの映画館を利用するときには、事前にインターネットで予約をして、クレジットカードで決済済みの状態でしか行ったことがなかったので、まさかカウンターがそんな状況になっているとは知らなかった。
ただ、自分のように決済済みの客はカウンターに向かって、左側に並んでるんだけど、その横で窓口向かう人たちは毎回長蛇の列だなあ。そういえば。
その場でチケットを買えるタッチパネルの端末を何台か開放すれば随分とマシになりそうなのにね。苦手な人はどのみち窓口行くだろうし。

続きを読む 新宿バルト9の問題点