2011年4月に読んだ本

阪急電車が久々のヒットかも。

4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2072ページ

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
1章でなんともやりきれない気持ちになったのは、自分が男性であるからだろう。男はアホだ。。 なので最後の解説を読んですっきりした。 そして、2章があって良かった。みんながいろいろな形で不幸を背負ってしまったけど、恵里菜(薫)の子どもは幸せになって欲しい。 自分の2歳になった娘、これから生まれてくる(恐らく)息子をたっぷり可愛がりたい気持ちにもなった。 しかし、希和子が永作ってイメージ違うような。こりゃ映画も見なければ、か。
読了日:04月27日 著者:角田 光代
バトル・ロワイアル 下   幻冬舎文庫 た 18-2バトル・ロワイアル 下 幻冬舎文庫 た 18-2
異端的青春ものって感じかな。桐山がスーパーマン過ぎて現実味が薄かったものの、灯台シーンとかの集団心理とかはなかなかリアル。
読了日:04月21日 著者:高見 広春
バトル・ロワイアル 上  幻冬舎文庫 た 18-1バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1
うーん、、、まあ、感想は下巻を読んでから。
読了日:04月14日 著者:高見 広春
阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
あの人が気になる!って人が次の主人公だったりして、どんどん読み進めるうちに折り返してしまって、終点が近づくにつれて名残惜しさが。。初めてこの方の小説を読んだけど、登場人物がみんな爽やかでみんな好きだった。これはほっこりしたい時にまた読もう。
読了日:04月08日 著者:有川 浩
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
なんというかスタイリッシュだった。SFかっこいい。かなりな部分でメタルギアのスネークを想起しながら読んでました。これを10日で書き上げてしまうとか、どんな才能の持ち主だったんだ。もっと読みたいが、作者が亡くなっているという無念さ。ハーモニーは読んでみようと思う。
読了日:04月05日 著者:伊藤 計劃

読書メーター

2011年3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:817ページ

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
死ぬ前に千葉さんに出会えたら「可」でもいいかな。相変わらず非日常的なものを自然に描写する作者。震災では無事とのことで安心。今後も良い作品を書き続けて欲しい。
読了日:03月29日 著者:伊坂 幸太郎
死体は語る (文春文庫)死体は語る (文春文庫)
表紙やタイトルのイメージとはかなり違い、著者の監察医としての真摯な姿勢がひしひしと伝わってくる良著。監察医制度自体未知の世界だったけど、死後なお人権を尊び守ろうとする本制度に感動。もっと広く知られるべきだと思う。
読了日:03月25日 著者:上野 正彦
架空通貨 (講談社文庫)架空通貨 (講談社文庫)
デキる主人公にデキる登場人物たち。設定はやや無理がある気もするけど、内容はとても良いと思う。長編だったけど、ぐいぐいと惹き込まれてラストまで一気読みだった。
読了日:03月03日 著者:池井戸 潤

読書メーター

2011年2月に読んだ本

2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1184ページ

太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
終始斜め上をいかれてポカーン。ええじゃないかの勢いはクスっと来た。相当にカオス。強烈な個性。内容は全然理解できなかったけど。。。
読了日:02月22日 著者:森見 登美彦
しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)
これは良い小説。温かい気持ちになるなあ。馬鹿の付くおせっかいのおかげで、結果的にみんないい方向に向かっていく。落語は全く分からないけど、ちょっと聞いてみたくなった。
読了日:02月18日 著者:佐藤 多佳子
ユニット (文春文庫)ユニット (文春文庫)
未成年による殺人と私刑の是非、DV、しかも相手は警察官という考えさせられる2つのテーマや登場人物が交錯しながら、新たなユニットを作る物語。後半は結末が気になって一気に読んでしまった。ラストで恐らく悪人2人は死んでしまったと思うが、出来れば生き残ってそれぞれ罪を償うストーリーだと良かったかな。
読了日:02月08日 著者:佐々木 譲

読書メーター

2011年1月に読んだ本

1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2147ページ

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
面白かったー!予備知識ゼロだったけど当たりだった。他の作品も読んでみたい。看護婦のマユミさんがいいキャラ過ぎ。
読了日:01月27日 著者:奥田 英朗
死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
この小説は少し極端だけど、誰かを悪者に仕立て上げることで自分を正当化することなんて日常ままあること。そういう意味で非日常的とバッサリ出来ないところがこの小説の怖さかも。
読了日:01月24日 著者:乙一
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
ルシウス頑張ってるのに、散々だなw 平たい顔族としては温泉にでも行きたくなる感じ。続きが楽しみ。
読了日:01月23日 著者:ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
風呂限定でタイムスリップって設定からもう面白い。章の間のウンチクが読めてないので、時間作って読まなきゃ。
読了日:01月23日 著者:ヤマザキマリ
明日の記憶 (光文社文庫)明日の記憶 (光文社文庫)
もしも自分が発症したら、、徐々に壊れていく自分とここまで向き合えるのか。考えさせられる。なんともやるせない気持ちになったが、知らないでは済まされない病気だと思う。読んで良かった。
読了日:01月22日 著者:荻原 浩
魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
メッセージ色の強い作品だと思いながら読んでしまったので、本来言いたかったことが読み取れなかったのかも。しかし、人物は相変わらずキャラが立っていていいなあ。
読了日:01月17日 著者:伊坂 幸太郎
博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
心優しい親子と博士のやり取りと、想像以上に美しい文章に心が洗われる作品だった。博士の、親子の、未亡人の心情を考えて、読みながらずっと泣きそうだった。読んで良かった。また、暫く経ったら再読しよう。
読了日:01月07日 著者:小川 洋子
かもめ食堂 (幻冬舎文庫)かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
一時慌ただしい日々を忘れられるような小説。細かいことはさておき、温かい雰囲気を味わえる作品。
読了日:01月05日 著者:群 ようこ

読書メーター

2010年12月に読んだ本

12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1354ページ

予知夢 (文春文庫)予知夢 (文春文庫)
えーと、ガリレオシリーズだと知らずに読み始めました(笑) 草薙は学者センセーに頼り過ぎだろう。。短篇集なのでサクッと読めてなかなか面白かった。
読了日:12月28日 著者:東野 圭吾
秘密 (文春文庫)秘密 (文春文庫)
ご都合主義じゃないラストは評価する。けど、読後感は暗い。結果的に平介も直子も最善の選択をしたと思うけど、ラストの指輪の件は辛すぎるな。
読了日:12月16日 著者:東野 圭吾
チルドレンチルドレン
陣内はメチャクチャな奴だけど、いい奴だ。これを読んでからもう一回重力ピエロを読んでみるといい感じなのかな。
読了日:12月16日 著者:伊坂 幸太郎
フィッシュストーリー (新潮文庫)フィッシュストーリー (新潮文庫)
短篇集。最後の「ポテチ」が良かった。ベタなのに良い。危うく電車の中で泣きそうになった。
読了日:12月06日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター

2010年11月に読んだ本

11月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1748ページ

ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
伏線の回収は相変わらず見事だと思うけど、なんだかいまいちなスッキリ感。たぶんそれが狙いなんでしょうけども。
読了日:11月30日 著者:伊坂 幸太郎
インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
結局クライマックスまで犯人がぜーんぜん分からなかった。若干恣意的に犯人の描写を避けているような。。まあ、それなりに面白かったかな。
読了日:11月30日 著者:米澤 穂信
赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)
救われない話。みんなにもう少しずつ良心や責任感や思いやりがあれば。。。考えさせられた。後味悪し。
読了日:11月10日 著者:東野 圭吾
まひるの月を追いかけて (文春文庫)まひるの月を追いかけて (文春文庫)
テーマは違うと思うが、夜のピクニックと似ている。作者の一貫したメッセージが感じられる。しかし女性の心理状態は難しいなあ。
読了日:11月02日 著者:恩田 陸

読書メーター