サーバ移行とりあえず一段落かな

ざっくりと移行完了。まだ色々と設定が甘いところもあるけど、とりあえず動いてるかな。
8.04LTSから10.04LTSへの乗り換え。サーバもIBMのPCからhpの激安サーバML115 G5(\9,800)に変更。

恐らくPHPが5.2から5.3になった関係で、WARNINGが出まくったので、急遽Wordpressのバージョンを2.7系から最新の2.9.2にバージョンアップして、プラグインも最新化した。

後は少しずついじっていくかな。

ML115 G5 クセがあるな。。。 (04.28 追記)

2010-04-28

えーと、インストール時にnVidia RAIDが発見されてしまう問題は、BIOSでRAIDをenableにして、  RAIDを構成した上で、その構成を削除せずにdisableにしたときに、Disk上に情報が残っているらしくて、インストーラーが発見してしまうことが判明。

再度enableにしてRAIDを削除してからdisableにしたら、nVidia RAIDは発見されなかったとさ。

ちなみに、Ubuntu 10.04 最終RCでnVidia RAIDを試してみたけど、やっぱりインストーラーがコケるので、使用しないことで決定。

一応ALT+F2で直接コマンドラインから /dev/mapper/ 配下にあるデバイス名を強制的に名前変更してあげればインストールは通るけど、そこまでしたくないしね。。


ML115 G5を在庫処分価格(9,800@ビックカメラ)で購入して、1TBのSATA HDDを2個と1GBのnon-ECC1GBメモリを追加してから、はや1週間が経過。

本格稼働は今月末にUbuntu 10.04LTSがリリースされるので、それをクリーンインストールしてから、と思っているので、それまではUbuntu Server 9.10で色々と事前準備をしているのだが、どうもしっくりこないことがある。

オンボードRAIDはnVidia RAIDとかいう、パチモンRAIDで、純粋なハードウェアRAIDではなく、なんとなくRAIDっぽく見えるけど、管理はOSまかせ、みたいな中途半端なやつで、FakeRAIDとも言うらしい。
Ubuntuでも、Server版かAlternative版を使えば、インストール時に認識するので、nVidia RAIDも扱えなくはないが、ユーティリティが提供されていないので、RAIDがdegradeしたときに、OS上から復旧できるか怪しい。検索してみても出てくる情報はWindowsばっかりで参考にならない。
というわけで、そんなおっかないRAIDは使わないよってことで、BIOSでOFFにして、普通にsda, sdbをLinuxのSoftware RAIDで扱おうと思い、いろいろと試してたんだけど、困ったことにBIOSでOFFにしていても、nVidia RAIDはLinuxからは見えてしまう。
ので、見えないようにブートオプションに nodmraid を書いている (←いまここ

これ、nodmraidを書いておけば、OSから認識されなくなるんだけど、もしkernel更新したタイミングとかで勝手にnodmraidが外れちゃったら困ったことになる。

nodmraidを外して起動すると、nVidia RAIDが見える。(/dev/mapper/nvidia_* がなぜか居る!)
/dev/sda[1-9] がどっかに行っちゃって、sda,sdbだけになる。(帰っておいで。。。)

こんな状態になって、一応起動するものの、RAIDのarrayに関する操作はたぶん出来なくなっちゃう。
もう一度 nodmraidを付けて起動すると、degrade状態で起動(sda,sdbのarrayがどっちか無い)
まあ、mdadm -add /dev/md0 /dev/sda1 とかしてあげれば、arrayのメンバにもう一度追加されて、リビルドはされるので、最悪の事態は回避できるものの、なんか気持ち悪い。

うーん、結局のところ、

  • オンボードのnVidia RAIDはおっかないから使わない
  • nodmraidオプションが消えないように頑張る

という運用しかないかな。サーバとは言え、さすが安いだけあって、やっぱイマイチ君だなぁ。。

APCを3.1.2に更新しようとしたが

久しぶりにAPCの管理画面を見てみると

You are running an older version of APC (3.0.19), newer version 3.1.2 is available at http://pecl.php.net/package/APC/3.1.2

と表示されているではないか。
早速鼻息を荒くしてお得意の pecl upgrade-all 実行。
すると、Nothing to upgrade-allとか。いやいやー、3.1.2出てるって言われてるもんね! とか思って、PECL :: Package :: APCを見てみると、まだ今使っている3.0.19がstableリリースで、それ以降はbetaのよう。まあ、焦ってbeta入れる必要もないかってことで見送り。

メモリの割り当ては結局64MB程度がちょうど良いみたい。95%程度のメモリ使用率でcache full countは0のままなので。

ちなみに、次期バージョンからはPHP4のサポートが無くなるっぽい。
まあ、さすがに大部分の人はPHP5へ移行済みだろうから問題になることも少ないとは思うけど。

No-IP.com Dynamic DNS Update Client for Linux バージョンアップ

ちょっと前にNo-IPからメールでDynamic DNS Update Client for Linuxのセキュリティアップデートの案内が来ていた。バッファオーバーフローの脆弱性があった模様。
時間が出来たのでバージョンアップ作業をした。そのメモ。といっても簡単だけど。

  1. Download a Free Dynamic DNS Update client for your dynamic IPのページ内にある「Download 2.1.9」リンクから最新版のClientをダウンロード
  2. アーカイブを展開
  3. 展開して出来た noip-2.1.9-1 ディレクトリに移動
  4. 一応Makefileの内容を確認してから、おもむろにmake (インストール先とか変えてる人は変更)
  5. サービス停止 (noip2デーモンがあがっていれば)
  6. 念のため前のバイナリをバックアップ # mv /usr/local/bin/noip2 /usr/local/bin/noip2-`date +%Y%m%d`
  7. さっき作ったバイナリをコピー # cp /tmp/noip-2.1.9-1/noip2 /usr/local/bin/
  8. デーモン起動
  9. ログ確認

で、ログに

Dec 7 15:36:05 server noip2[27295]: v2.1.9 daemon started with NAT enabled
Dec 7 15:36:06 server noip2[27295]: kuniharumaki.com was already set to xxx.xxx.xxx.xxx.

とか出ていれば完了。今回はIPアドレスも変わっていないので、already set とか出てるけど。

ちなみに新規導入手順はNo-IP.com Dynamic DNS サービスの自動更新設定で。

一応続きにメールの内容も貼っておきます。

続きを読む No-IP.com Dynamic DNS Update Client for Linux バージョンアップ