2011年9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1584ページ
ナイス数:56ナイス

螺鈿迷宮 下 (角川文庫)螺鈿迷宮 下 (角川文庫)
作者のAiへのこだわりが感じられる。確かに日本は検死割合が低く、怪しいままお蔵入りになることが多いよう。これは現実にも導入が進むといいな。個人的にはバチスタよりも面白かった。
読了日:09月30日 著者:海堂 尊
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
前半は割とほのぼのかな
読了日:09月30日 著者:海堂 尊
ぼくは勉強ができない (新潮文庫)ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
タイトルでニヤリときて、読み始めてニヤニヤして、なかなか良い小説だった。 これはこれで大変そうだけど、楽しそうな人生。
読了日:09月14日 著者:山田 詠美
出口のない海 (講談社文庫)出口のない海 (講談社文庫)
永遠のゼロ同様に特攻隊の物語。こちらは回天と呼ばれる人間魚雷。 意識しながら読んだこともあって、読後感も永遠のゼロに近い。なぜこんな非人道的な兵器が作れるんだ、当時の人達の感情は、お国のために命を捧げる行為とは、、色んな感情は沸き起こるが、綺麗にまとめられない。 ただ、事実として知ることは必要だ。読んで良かったのは間違いない。
読了日:09月07日 著者:横山 秀夫
ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)
うさぎ殺しの犯人に投げかけた条件、大人だったらここまで見を呈した内容にしなかったかも。子供ならではの未熟さと純真さで考えぬいた末の条件、目の前が暗くなる感じだった。作品としては色々と考えさせられて、面白かった。他のも読んでみようと思う。
読了日:09月07日 著者:辻村 深月

2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター