2011年1月に読んだ本

1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2147ページ

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
面白かったー!予備知識ゼロだったけど当たりだった。他の作品も読んでみたい。看護婦のマユミさんがいいキャラ過ぎ。
読了日:01月27日 著者:奥田 英朗
死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
この小説は少し極端だけど、誰かを悪者に仕立て上げることで自分を正当化することなんて日常ままあること。そういう意味で非日常的とバッサリ出来ないところがこの小説の怖さかも。
読了日:01月24日 著者:乙一
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
ルシウス頑張ってるのに、散々だなw 平たい顔族としては温泉にでも行きたくなる感じ。続きが楽しみ。
読了日:01月23日 著者:ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
風呂限定でタイムスリップって設定からもう面白い。章の間のウンチクが読めてないので、時間作って読まなきゃ。
読了日:01月23日 著者:ヤマザキマリ
明日の記憶 (光文社文庫)明日の記憶 (光文社文庫)
もしも自分が発症したら、、徐々に壊れていく自分とここまで向き合えるのか。考えさせられる。なんともやるせない気持ちになったが、知らないでは済まされない病気だと思う。読んで良かった。
読了日:01月22日 著者:荻原 浩
魔王 (講談社文庫)魔王 (講談社文庫)
メッセージ色の強い作品だと思いながら読んでしまったので、本来言いたかったことが読み取れなかったのかも。しかし、人物は相変わらずキャラが立っていていいなあ。
読了日:01月17日 著者:伊坂 幸太郎
博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
心優しい親子と博士のやり取りと、想像以上に美しい文章に心が洗われる作品だった。博士の、親子の、未亡人の心情を考えて、読みながらずっと泣きそうだった。読んで良かった。また、暫く経ったら再読しよう。
読了日:01月07日 著者:小川 洋子
かもめ食堂 (幻冬舎文庫)かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
一時慌ただしい日々を忘れられるような小説。細かいことはさておき、温かい雰囲気を味わえる作品。
読了日:01月05日 著者:群 ようこ

読書メーター

投稿者:

kuni

サイトの管理人です

「2011年1月に読んだ本」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。