ML115 G5 クセがあるな。。。 (04.28 追記)

2010-04-28

えーと、インストール時にnVidia RAIDが発見されてしまう問題は、BIOSでRAIDをenableにして、  RAIDを構成した上で、その構成を削除せずにdisableにしたときに、Disk上に情報が残っているらしくて、インストーラーが発見してしまうことが判明。

再度enableにしてRAIDを削除してからdisableにしたら、nVidia RAIDは発見されなかったとさ。

ちなみに、Ubuntu 10.04 最終RCでnVidia RAIDを試してみたけど、やっぱりインストーラーがコケるので、使用しないことで決定。

一応ALT+F2で直接コマンドラインから /dev/mapper/ 配下にあるデバイス名を強制的に名前変更してあげればインストールは通るけど、そこまでしたくないしね。。


ML115 G5を在庫処分価格(9,800@ビックカメラ)で購入して、1TBのSATA HDDを2個と1GBのnon-ECC1GBメモリを追加してから、はや1週間が経過。

本格稼働は今月末にUbuntu 10.04LTSがリリースされるので、それをクリーンインストールしてから、と思っているので、それまではUbuntu Server 9.10で色々と事前準備をしているのだが、どうもしっくりこないことがある。

オンボードRAIDはnVidia RAIDとかいう、パチモンRAIDで、純粋なハードウェアRAIDではなく、なんとなくRAIDっぽく見えるけど、管理はOSまかせ、みたいな中途半端なやつで、FakeRAIDとも言うらしい。
Ubuntuでも、Server版かAlternative版を使えば、インストール時に認識するので、nVidia RAIDも扱えなくはないが、ユーティリティが提供されていないので、RAIDがdegradeしたときに、OS上から復旧できるか怪しい。検索してみても出てくる情報はWindowsばっかりで参考にならない。
というわけで、そんなおっかないRAIDは使わないよってことで、BIOSでOFFにして、普通にsda, sdbをLinuxのSoftware RAIDで扱おうと思い、いろいろと試してたんだけど、困ったことにBIOSでOFFにしていても、nVidia RAIDはLinuxからは見えてしまう。
ので、見えないようにブートオプションに nodmraid を書いている (←いまここ

これ、nodmraidを書いておけば、OSから認識されなくなるんだけど、もしkernel更新したタイミングとかで勝手にnodmraidが外れちゃったら困ったことになる。

nodmraidを外して起動すると、nVidia RAIDが見える。(/dev/mapper/nvidia_* がなぜか居る!)
/dev/sda[1-9] がどっかに行っちゃって、sda,sdbだけになる。(帰っておいで。。。)

こんな状態になって、一応起動するものの、RAIDのarrayに関する操作はたぶん出来なくなっちゃう。
もう一度 nodmraidを付けて起動すると、degrade状態で起動(sda,sdbのarrayがどっちか無い)
まあ、mdadm -add /dev/md0 /dev/sda1 とかしてあげれば、arrayのメンバにもう一度追加されて、リビルドはされるので、最悪の事態は回避できるものの、なんか気持ち悪い。

うーん、結局のところ、

  • オンボードのnVidia RAIDはおっかないから使わない
  • nodmraidオプションが消えないように頑張る

という運用しかないかな。サーバとは言え、さすが安いだけあって、やっぱイマイチ君だなぁ。。

ENEOSカード改悪?

credit-card
Creative Commons License photo credit: b.franchina

ENEOSカードの更新連絡が来た。
クレジットカードなんて自動更新だと思っていたのだが、利用額が少額の人には更新意思の確認が来て、ハガキを返信しなければ新しいカードが送付されないらしい。

なので何も考えずにハガキに署名して送ろうとしたら、「重要」と書いてある紙が入っていた。

読んでみると、年会費が今までは年1回以上カードの利用があれば次年度の年会費が無料だったのが、この条件が無くなり、1312円の年会費が強制になったようだ。
今年はカードの利用があったから、来年度までは無料のようだが、その次からは上記の年会費がかかるということになる。

更新してから来年度中に解約も考えたけど、面倒なので今回で解約だなあ。
ガソリンなんて月に2回入れるか入れないかくらいだから、そんなにインパクト無いし。
ってことで、次回からはTカードで給油しよう。ただ、この特典もいつまで持つか怪しいな、この状況じゃ。。。

2010 年3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1755ページ

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
とても暖かい家族愛の話。血(DNA)の繋がりなんて関係ないと、静かに、でも強く心の底から思っている父親が素敵だった。あとがきにもあるが、主人公以外が感情をあからさまに表に出さないのが功を奏しているとおもう。あと、脇役ながら夏子さんはぶっ飛んでいて、ある種清々しさまで感じられた。いや、ストーカーは駄目なんだけどね。
読了日:03月30日 著者:伊坂 幸太郎
BILLY BAT(3) (モーニングKC)BILLY BAT(3) (モーニングKC)
どこまで広げていくつもりなんだろ。先が気になる。
読了日:03月26日 著者:浦沢 直樹,長崎 尚志
半落ち (講談社文庫)半落ち (講談社文庫)
渦中の人はただただ穏やかに。周囲はそんな梶を助けたいと組織を超えて動く。しかし、半落ちは半落ちのままで。続きは描かれていないが、主人公には4年の刑期を終えて天寿を全うして欲しいと願った。映画はずいぶん前に見たけど、やっぱり小説のほうがいいね。
読了日:03月18日 著者:横山 秀夫
陰の季節 (文春文庫)陰の季節 (文春文庫)
普通の警察小説ではメインで描かれることはまず無い、裏方たちの活躍(暗躍?)を描いた作品。凶悪事件をズバッと解決! みたいな爽快感とは対極の作品。しかし、重厚な人物描写でとても興味深く描かれていた。ただ、婦警の章はちょっと無理があった気がする。女性を描くのはちょっと苦手なのかも。
読了日:03月11日 著者:横山 秀夫
ルパンの消息 (光文社文庫)ルパンの消息 (光文社文庫)
15年前に自殺と処理されたものが、実は殺人事件かもしれない。かつ、時効目前。ものすごい凝縮感。やるせない思いも残るが、ラスト以降、描かれてはいないが、皆がそれぞれ少しずつ傷を埋め合って行けるのではないかと期待も僅かながら持てた。読み終わってから処女作と知りさらにびっくり。確かに昭和的な不良こそ登場するが、そんな前のしかもデビュー作だとは。。。単行本、文庫とそれぞれ加筆修正されているそうだが、荒削りなオリジナルも読んでみたくなった。
読了日:03月05日 著者:横山 秀夫

読書メーター