「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」これは…イイ!

コラム: やじうまミニレビュー花王「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」やら、「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」は思わず爆睡するほど気持ちいい – GIGAZINEやらでも話題になっている、花王 めぐりズム 蒸気でアイマスクをたまたま昨日私も買ってきていた。流行ってんのかな、これ。

昨日寝る前に付けて横になってみたけど、これはイイ!!
目の周りを温めているだけなのに、全身が温かいような感覚すら。
1個100円程度なので、目が疲れたときには使いまくっていこうかと。ホントは会社で夕方くらいに使うといいんだろうけど、さすがに会社で付ける勇気は無いな。。

なんか種類も一杯あるので、次は肩用を買ってみる!
花王 めぐりズム 蒸気温熱パワー ラインアップ

RISE FROM LAIR クリアした

LAIR

発売直後にAmazonで買った後、ちまちまやってたんだが、やっとクリア。

  • 操作性: あえてSIXAXISに限定したところが、最初は足かせにしか感じなかったけど、徐々に徐々に手綱に見立てていることが理解できる。「慣れ」が実感できて良い。
  • 画質: さすがに相当綺麗だが、エフェクトが増えたときのフレームレートの低下は気になるレベル
  • 音楽: ゲームに集中してると気づかないけど、かなり良い
  • 難易度: ちょっと難しいステージでも何度か挑戦すればクリアできるレベル。ただ、難易度設定はあっても良かったかも。

値段も安いし、PS3の特徴である高画質、高音質、SIXAXISが堪能できるから、アクション嫌いじゃなければ買ってもいいんじゃないかなぁ、と。
「RISE FROM LAIR」(ライズフロムレア)

さて、負け組PS3所有者としては、次は何やろうかな。
Heavenly Swordを買うまでの繋ぎとして、RESISTANCE(レジスタンス) ~人類没落の日~でも買ってくるかなぁ。イマイチっぽいけど。ホントはHalo3やりたいけど!!

blog向きなアイコン画像配布サイト Taylor McKnight

Taylor McKnight

Taylor McKnight

このサイトでもフッタで使わせてもらってますが、 よく見かける80x15pixel程度のアイコン(badges)がダウンロード出来るサイト。OSをDebianからUbuntuに変更したので、画像をもらってきました。
こういうの、自作しろって言われても出来ないのでありがたい。

しかし、このサイトの管理者、24歳かぁ。才能があるってうらやましい。。。

No-IP.com Dynamic DNS サービスの自動更新設定

NO-IP downloads

どれだけの人が使っているか謎な、自分でもなぜここを使っているのか良く分かっていない、FreeなDynamic DNSサービスのNo-IP.com

今までサービスに関する不具合を経験したことないし、無料会員でも2ヶ月に一度くらい、利用中のドメインの有効期限が切れる旨が記載されたメールが届くので、そのメール中にあるリンクを開けばまた継続できる。
まぁ、これだけお世話になっているし、年間9$程度払っても良いのだが…。

ここでは各種OS用のDynamic DNS更新用のクライアントを配布している。
前から利用しているが、設定方法の備忘のためにメモ。
続きを読む No-IP.com Dynamic DNS サービスの自動更新設定

GW3.5MM-U2 設定で軽くはまる

今まで使っていたサーバのHDDが余るので、外付けのHDDケースでも買ってきて再利用するかってことで、
玄人志向 – 商品一覧 » ラクラクシリーズ » ケース関連 » 3.5型HDDケース » GW3.5MM-U2
を買った。

で、いくらHDDを接続して電源入れてUSBに接続してもPCに認識されない。
HDDは回ってるから電源接続じゃないし、IDEのケーブルが抜けている感じもしない。端子の接続不良か・・・、と思っていたのだが、、、

「HDDのジャンパをMasterにしないと認識しない。」だった… orz

せめてデバイスマネージャ上は見えるものかと思っていたけど、認識すらされないのね。。
玄人志向のBBSには、もうちょい手前の悩みの人が多いようで、回答見つけられず。ってか、マニュアルに書いといて欲しい。つか、マニュアルとか入ってないから箱にせめて書いといて。。最近はCable SelectがデフォルトなHDDも多いし。。。

Ubuntu(Gutsy)のApache2でSSLを使う場合

Debian(etch)からの移行時に軽くはまったのでメモ。

基本的には、Debian etchでSSL – よしだメモで紹介されている方法と全く一緒。まあ、UbuntuもDebianベースだし。
ポイントは、ちょっと前まで存在していたapache2-ssl-certificateが無くなったから自前でやるってこと。(なんで無くなったんだ…

上記サイトを参考に /etc/apache2/ssl/ にでも証明書と鍵ファイルを置く。
# zcat /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-ssl.conf.gz > /etc/apache2/sites-available/
して、/etc/apache2/sites-available/httpd-ssl.conf を環境に合わせて適当に書き換えてから、
# a2ensite httpd-ssl.conf
でapache側の設定は完了。

鼻息を荒くして、
# /etc/init.d/apache2 start
したら、、
Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:443
とか出た。netstat -an とかしてみても別に443使ってる奴は居ないけど。。。

んで色々と見てみたら、さっきの httpd-ssl.conf の中に Listen 443 が記述されているんだが、/etc/apache2/ports.conf にも同様の記述が。。。
どっちを消しても良いのだが、httpd-ssl.conf を使わないときには 443 listenする必要も無いので、ports.conf側の 含めてバッサリ。これで起動。

etchのときに全く同じことをしたはずなのに、記憶無しってのが終わってるな。。。