高ボッチ高原へ行ってきた

実家に居ても、長野とはいえ南信州ということもあり、大して涼しくない。
せっかく嫁も一緒だし、みんなでどっか涼しいところに出かけよう、ということで親父が提案してきたのが「高ボッチ高原」なる場所。アマチュア無線をやっていた頃に、リピーターがあるとかで何となく名前だけは聞いたことがったが、どこにあるのかはサッパリ。
で、Google Mapsで見ると

拡大地図を表示
塩尻にあったのか。ズームアウトしていくと諏訪湖とか見えてくる。

ちなみに名前の由来は、高ボッチって何ですか?にあるとおり、諸説あるようだ。個人的にはダイダラボッチ的な伝説だと良いなあと。

天気が良くて、日が当たっているところはそれなりに暑かったものの、麓に比べて10度は気温が低かったよう。体感的にもかなり涼しい。今年の異常な暑さも少しはしのげた。

p1000010.JPGp1000015.JPGp1000023.JPG
毛をカットしてもらったばかりの実家の愛犬ルイちゃんもご機嫌。草むらに体をこすり付けたりしてた。犬ってたまに馬鹿で可愛い。(ちなみにもう1匹いるコーギーは猛犬のため留守番…)

p1000017.JPG
この日は諏訪の花火大会で、諏訪湖が一望できる場所には10個以上の三脚が据え付けられていた。恐らく花火の撮影用だろう。行きはそれほど車ともすれ違わなかったが、帰りにはそれなりの数の車とすれ違ったし、この場所で花火を楽しむ人も居るのだろう。
帰りは塩尻インターから高速に乗ったが、諏訪インターの手前では大渋滞。4万発超の花火は見てみたいが、あの混みっぷりを見てしまうと、ちょっとなぁ。

東京に戻ってから写真整理ついでに書いてるが、こっちは暑い。
後2日ちょい夏休みはあるものの、どこにも行く気になりません。。。

p1000014.JPGp1000022.JPGp1000030.JPGp1000038.JPG

投稿者: kuni

サイトの管理人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください